2009
09.29

営業トークトレーニング支援システム

営業トークのトレーニングに録音した音声データを利用し、話す速度、声の抑揚など、成績を上げている営業担当者の話し方を参考に自分流の話し方の習得を支援する仕組みを作り、新人から戦力になるまでのトレーニング期間の短縮に貢献した。

背景 録音した音声データを活用する際に録音機器特有の形式から汎用的な形式に変換する必要があった。
音声データの変換処理には長時間を要し、録音データが蓄積されるスピードに音声データ変換のスピードが追い着かず、直近の録音データが視聴出来ない状態だった。
また、お手本となる話し方や良くない話し方の事例を他の支店に聞かせたいときに、CD/DVDに焼いて送る必要があり、円滑なトレーニングの障害となっていた。
課題
  • 音声データ変換が障害となり、トレーニングに支障が出ていた。
  • 他支店の音声データを簡単な操作で視聴出来るようにしたい。
  • パソコンの操作に習熟していない人でも簡単に操作できるようにしたい。
仕組み インターネット上に録音した音声データを蓄積するジュークボックスを設けることで、他の支店からでもいつでも再生できるようにした。
また、録音機器に音声データの自動送信機能を付与することで録音機器をパソコンに接続することで自動送信するようにした。
成果 録音したデータをジュークボックスにアップロードすることで即時再生が可能となり、変換による時間のロス、CDに焼き宅配で送る時間のロスを削減した。
また、インターネットに接続出来るパソコンがあれば自宅に居ながらにして自習を行うことも出来るようになり、営業担当者の時間の使い方にも自由度が増した。