2009
09.29

進捗と成果を見える化した業務管理システム

従来から成果主義の給与体系としているが、集計は毎月の給与計算の際に行われており、案件の納期のタイミングによって、従業員の給与変動が大きかった。
いつでも個人の成果を見えるようにすることでモチベーションの向上に貢献した。
また、業務繁忙期でも全ての案件の進捗管理を徹底したことで、進捗遅れの早期発見に貢献した。

背景 案件数が多く、業務繁忙時には全体の進捗が把握出来ない場合があった。
1つの案件を一人の担当者が全工程を担当する場合もあれば、1つの案件を複数人で担当する場合がある。
特急要望に対応する為に、自由度の高い工程計画の仕組みを必要とした。
課題
  • いつでも、今の状況が把握出来るように進捗管理を充実させたい。
  • いつでも、個人の成果が把握出来るように成果管理を充実させたい。
  • 従業員のモチベーションを向上させたい。
  • 操作者がパソコンに慣れていない人が多いので、極力マウスだけで操作できるようにして、キー入力数を減らしたい。
仕組み 案件情報、工程計画立案、作業進捗などの情報を一元管理(データベース化)し、必要に応じて抽出するようにした。
表示する画面においては必要最小限の情報に抑え、操作者が迷わないように配慮した。
検索条件にはキーワードだけでなく、製造番号の一部、顧客名、製品名称などの属性から検索できるようにした。
受注案件の登録時には以前に入力した案件情報を雛形として呼び出す雛形機能を実装した。
成果
  • 業務繁忙期でも全ての案件の進捗管理を徹底したことで、進捗遅れの早期発見出来るようになった。
  • 顧客からの進捗確認に迅速に回答できるようになった。
  • いつでも個人の成果を確認できるようになったことでモチベーションが向上した。
  • 進捗管理を誰にでも見えるようにすることで全ての受注案件に対して責任感を持つようなり、自ら協力を申し出るなど、組織力が高まった。