2009
09.29

オーダーメイドシステム

痒いところに手が届くオーダーメイドシステム開発(オーダーメイドシステムだから出来ること)

  • 市販ソフトは多くの利用者を対象にしているため汎用的なものとなっており、独自の機能を追加したり、改造することが出来ません。
    どちらかというと市販ソフトに業務を合わせる形態となります。
  • 市販ソフトが汎用的であることを考えると、事業スタイルが事業者固有の特徴的なものである場合、市販ソフトを適用できる場面はそれほど多くありません。
    事業スタイルがオリジナリティに溢れるものであればあるほど、市販ソフトの適用範囲から外れてしまい勝ちです。
  • 中小企業、ベンチャー企業の場合、自社の強み(オリジナリティ)があるために、一般化された市販ソフトを適用できない場合があります。
    1. 他の業界と異なる慣習があり市販ソフトが適用できない。
    2. 自社のオリジナリティを大事にしたいが、市販ソフトでは対応していない。

    このような場合でも、オーダーメイドシステム開発の場合は洋服を仕立てるように、自由自在にシステムを作り上げることが出来ます。
    また、事業スタイルの変化に応じて、システムを補正することで使い捨てではなく、事業を支えるシステムとして事業者の成長に合わせて育てあげることが出来ます。